1. TOP
  2. マイル基礎知識
  3. JALマイルのお得な使い道!特典航空券・ポイントなど使い方基本情報

JALマイルのお得な使い道!特典航空券・ポイントなど使い方基本情報

 2019/05/13 マイル基礎知識
 

【出典】https://www.pexels.com/

みなさんは、JALの飛行機マイルを貯めたら、何と交換したいですか?やっぱり、航空券と交換したい!という人が多いのでは?かくいう筆者もハワイ行きの航空券を手に入れたくて、日々こつこつとマイルを貯めています。

しかし、実はJALの飛行機マイル、航空券と交換する以外にもいろいろな使い道があることをご存知ですか?

今回は、JALマイルのお得な使い道をまとめてご紹介します。これからJALマイルを貯めようと思っている人、ANAマイルとどちらを貯めようか迷っている人、すでにJALマイラーだけどマイルの交換先をよく知らない人はもちろん、航空券と交換したいけど、目標マイル数に到達する前に有効期限がきてしまう!なんて人も、ぜひチェックしてみてくださいね!

JALマイルの使い道はこんなにある!

JALの飛行機マイルの使い道が、特典航空券との交換以外にもあるということ、ご存知でしたか? JALマイルは1,000マイルから特典と交換でき、その使い道には様々な種類があります。特典航空券との交換だけでなく、航空券購入や旅行に使えるクーポンや、電子マネーへの交換など、バラエティ豊かな特典が用意されているのです。

JALマイルの使い道リスト
◆フライトで使う
◆座席アップグレード
◆JALのポイント・クーポンに交換
◆提携先のポイントや商品に交換
◆チャリティ・マイルに参加

ここからは、これらの特典をそれぞれ詳しく紹介します。

 

JALマイルの使い道①「フライトで使う」

【出典】https://pixabay.com/ja/

貯めたJALマイルで交換できる航空券のことを「特典航空券」といいます。マイルの使い道として最もメジャーで、多くの人がこの航空券のためにマイルを貯めているのではないでしょうか。

特典航空券(国際線)と交換

国際線の特典航空券と交換する場合のポイントをみてみましょう。

貯めたJALマイルと交換できる国際線の特典航空券は、JALと、ワンワールドをはじめJALと提携している航空会社のものに限られます。交換できるマイルの最低値は片道7,500マイル。ソウルまでの片道航空券に相当します。

また、国際線の特典航空券は、マイルを貯めた本人であるJALマイレージバンク会員の二親等以内の親族まで発券が可能です。自分の両親や配偶者だけでなく、兄弟姉妹や祖父母の特典航空券としても交換できるので、家族旅行にもピッタリです。

特典航空券(国内線)と交換

国内線はどうでしょうか。

国内線の場合、利用できるフライトは、JALだけでなく、日本トランスオーシャン航空(JTA)や日本エアコミューター(JAC)、琉球エアーコミューター(RAC)などJALグループ便も対象です。交換できるマイルの最低値は、通常期ならば、片道6,000マイル・往復だと12,000マイルです。片道6,000マイルだと、東京から大阪への航空券と交換できます。ただし、ディスカウントマイルを利用すると、片道5,000マイルから特典航空券と交換できます。ディスカウントマイルはJALのHPからのみ申し込めるお得なシステム。3・7~11月は対象外と、利用できる期間に制限があるので注意が必要です。

国際線同様、JALマイレージバンク会員の二親等以内の親族まで発券が可能です。また、搭乗の2か月前の同日から前日まで発券できるので、急に思い立った旅行にも便利に使えます。

「どこかにマイル」を利用する

フライトで使う方法で、少し変わった使い道もあります。それが「どこかにマイル」というプログラム。往復6,000マイルで日本のどこかに行ける!という、飛行機版ミステリーツアーです。

2か月前~4日前まで予約ができ、羽田・伊丹・関西国際空港・那覇/鹿児島発着の離島路線に限定されています。行き先は秘密ですが、東京⇒大阪の特典航空券が片道6,000マイルのところ、往復6,000マイルで離島に行けるというのは、とってもお得です。

 

JALマイルの使い道②「座席アップグレード」

普段よりワンランク上の旅を叶える「座席アップグレード」も実現できます。自分で購入した国際線フライトの座席ランクを、貯めたマイルでアップグレードできるサービスです。

アップグレードできる対象便は限られており、ツアーや割引の航空券は対象外です。また、アップグレードできる座席ランクは1つのみなのも気を付けたいポイント。エコノミークラスからプレミアムエコノミー、またはビジネスクラスへのアップグレードは可能ですが、エコノミークラスからファーストクラスへのアップグレードはできません。

注意点は、マイルで座席アップグレードできる航空券は、自分で購入したもののみ、ということです。特典航空券の座席をマイルでアップグレードすることはできません。

 

JALマイルの使い道③「JALのポイント・クーポンに交換」

【出典】https://pixabay.com/ja/

フライト以外にも貯めたマイルが使えます。順にみてみましょう。

eJALポイントと交換

eJALポイントとは、JALのホームページからの航空券やツアーの代金支払いに利用できる、JAL独自のポイントです。eJALポイントへは5,000マイルから交換でき、eJALポイント10,000ポイントだと15,000円に相当するお得なポイントです。特典航空券と同様、JALマイレージバンク会員の二親等以内親族による航空券やツアー代金支払いに利用できます。

eJALポイントの有効期限は12か月ですが、12か月のうちに一度でもポイントが加算されると、有効期限がさらに12か月延長されます。使用期限ぎりぎりのマイルをこのeJALポイントに交換し、使える期間を延ばす、というのも賢い方法かもしれません。

JALクーポンと交換

JALクーポンは、JALグループの航空券やツアー、機内販売、ホテルなどでの支払いに利用できるクーポンです。10,000マイルから10,000マイル単位で交換でき、10,000マイルは12,000円に相当します。JALマイレージバンク会員の二親等以内の親族に加えて、義兄弟姉妹の配偶者も使用できるのがうれしいポイント。免税店や空港送迎サービス、JALグッズ購入でも使えるので、家族や親戚に、航空券や宿泊券、空港送迎サービスや空港でのショッピングまでパックにしてプレゼントするのもすてきですね。

 

JALマイルの使い道④「提携先のポイントや商品に交換」

JALやフライトには関係しませんが、日常生活でも使える特典も用意されています。

電子マネーと交換

毎日の生活にうれしい!電子マネーに交換・チャージすることができます。3,000マイルから交換できますが、交換するマイル数によって、交換レートが変わってくるので、よくチェックしてください。

交換できる電子マネーは、WAON、Amazonギフト券、dポイント、Pontaポイント、Suica、PiTaPaなど、他にも多くの種類が取り揃えられています。あなたが日々使っている電子マネーもあるかも?!確認してみてくださいね。

すてきな商品と交換

「JALとっておきの逸品」として、グルメ、トラベル用品、ヘルス・ビューティー用品など、様々な商品カテゴリーが用意されています。また、「JALふるさとからの贈りもの」として、日本全国の地域にゆかりのある商品やサービスも揃っています。

 

JALマイルの使い道⑤「チャリティ・マイルに参加」

貯めたマイルを社会貢献のために利用することも可能です。様々なチャリティ企画にマイルを寄付したり、次世代アスリートを応援するためにマイルを使ったりすることもできます。

 

JALマイルの使い道に困ったら?”マイル単価”から考えるのもアリ

ここまで、JALマイルの基本的な使い方をご紹介してきました。思ったより多くの使い道があって迷ってしまう…そんな人は、「マイル単価」から考えてみるのも一つの手です。

マイル単価とは、1マイルの価値がいくらになるのか、という考え方です。例えば、Amazonギフト券だと、10,000マイルで10,000円相当のギフト券と交換できます。この場合、マイル単価は1円になります。

このようにして、1マイルがいくらに交換できるのか?という視点で貯めたマイルの使い道を考えてみてもいいかもしれません。どうせ交換するなら一番お得な方法で交換したい!という人は、一度マイル単価を計算してみてくださいね。

 

まとめ

JALマイルの使い方の基本情報をご紹介しました。JALマイレージバンクでは、特典航空券以外にも、座席のアップグレードやJALのサービスで使えるポイントやクーポン、電子マネーへの交換など、様々な特典が用意されています。せっかくこつこつ貯めた大事なマイル、たくさんの特典の中からあなたにぴったりの使い道を探してみてくださいね。

関連記事

  • 飛行機マイルの賢い貯め方!JAL・ANA両方貯めたい人にオススメの裏技

  • 楽天ポイントをANAマイルに!交換方法・手順を今すぐチェック!

  • ANAカードマイルプラスとは?ANAカードユーザー必見!加盟店も紹介

  • 【JALマイルが貯まる航空会社一覧】JAL以外のフライトも要チェック!

  • 【ポイント→ANAマイル交換】【ANAマイル→ポイント交換】まとめ

  • ANAのマイルを使う方法をご紹介!ANAマイルの使い道<基本編>