1. TOP
  2. マイル基礎知識
  3. マイレージプログラムを選ぶ際に理解しておきたいアライアンスとは?

マイレージプログラムを選ぶ際に理解しておきたいアライアンスとは?

飛行機のマイルを貯めようとしている人の中には、アライアンスという言葉を聞いたことがある人もいると思います。
アライアンスが同じであれば、一つのカードでマイルが貯まるという仕組みがあるため、どのマイルを貯めるのかを検討する上で、きちんと理解しておきたいのがアライアンスです。

たとえば、ANAのマイルを貯めている人がヨーロッパに行く際に、ANAと同じアライアンスであるルフトハンザ・ドイツ航空に乗るならマイルは貯まりますが、フィンランド航空に乗る場合はアライアンスが異なるためANAのマイルは貯まりません。
アライアンスを理解していないと、「フィンランド航空によく乗るのに持っているANAのカードではマイルが貯まらなかった…。」と後から後悔することもあるかもしれません。

今回は、自分に合ったマイレージプログラムを選ぶために、知っておきたいアライアンスについて紹介します。

複数航空会社でマイルが貯まる?アライアンスとは?

アライアンス(alliance)とは、「同盟」という意味を持つ英単語です。日本のビジネスシーンでは、企業同士の提携の意味でよく使われる言葉です。

世界の大手航空会社も「アライアンス」(提携)があり、現在3つの大きなアライアンスに分かれています。
それでは、なぜ航空会社がアライアンスを組んでいるのかを以下で見てみましょう。

コードシェア便を共有する

空港で、同じ出発時間・同じ行き先の飛行機なのに、電光掲示板にたくさんの航空会社の名前が載っているのを見たことはありませんか?
これがコードシェア(共同運行)といわれるものです。
コードシェアとは、複数の航空会社がそれぞれの便名を付け、共同で飛行機を運航することです。

たとえば、成田ー大阪など日本国内のANA便で、飛行機の機材とCAなどの乗務員はANAが提供し、ユナイテッド航空がANAから座席を買取ります。そして、ユナイテッド航空が、自社の便名を付けてチケットを販売します。
これによる、航空会社と顧客のメリットを見てみましょう。

航空会社のメリット

ユナイテッド航空は、成田や大阪などの日本国内で、飛行機の発着に必要な整備や設備をすべてANAに任せることにより、コスト面で大きなメリットを得ることができます。
また、成田ーアメリカ間の自社便に日本の地方からの顧客も取り込みやすくなります。

顧客側のメリット

たとえば、名古屋ーサンフランシスコ間は直行便がありません。
しかし、ANAとユナイテッド航空がコードシェアをしていることにより、名古屋ー成田、成田ーサンフランシスコというチケットをすべてユナイテッド航空で予約することができます。
コードシェアがなければ、顧客は、名古屋ー成田の国内線を別で予約する必要があるので、予約がとても便利になります。

乗り継ぎがスムーズになる

同じアライアンス内の航空会社を乗り継ぐ場合は、基本的に出発の空港で全行程のチェックインができることが多いです。
手荷物も原則として最終目的地まで預かってもらえるので、乗り継ぎのたびに荷物を受け取って、また預けて…ということがなくなります。
また、飛行機の乗り継ぎは長時間の待ち時間が発生することもありますよね。そんな時に上級会員が利用できる航空会社ラウンジは、アライアンスが同じであれば使えることが多いので便利ですね。

世界三大アライアンスとは?

アライアンスがあることで、さまざまなメリットがあることがわかりました。
世界には、3つの大きなアライアンスがあり、大手航空会社のほとんどが、これらのいずれかに加盟しています。
世界三大アライアンスとは、「スターアライアンス」「ワンワールド」「スカイチーム」の3つです。
以下で詳しく各アライアンスについて紹介します。

スターアライアンス

スターアライアンスは、1997年に発足した世界初の航空会社のアライアンスです。現在、加盟している航空会社の数は3つのアライアンスの中で一番多く、世界各国の航空会社がまんべんなく加盟していることも特徴です。
日系の航空会社・全日空(ANA)が加盟しているのはもちろん、日本人に人気の観光地に就航している航空会社も多いですね。

所属航空会社

【出典】スターアライアンスホームページ

アジア:シンガポール航空、タイ航空、アシアナ航空、エバー航空、中国国際航空、シンセン航空、エアインディ

北米・南米:ユナイテッド航空、エアカナダ、アビアンカ・ブラジル航空、コパ航空、タカ航空

ヨーロッパ:ルフトハンザ・ドイツ航空、オーストリア航空、スイスインターナショナルエアラインズ、トルコ航空、スカンジナビア航空、TAPポルトガル航空、LOTポーランド航空、クロアチア航空、ブリュッセル航空、アドリア航空、エーゲ航空

オセアニア:ニュージーランド航空

アフリカ:エジプト航空、南アフリカ航空、エチオピア航空

ANAでマイルを貯める場合、このスターアライアンスに加盟している航空会社以外にも、中東のエティハド航空など、マイレージ提携をしている航空会社もあります。
詳しくは、こちらのANAのホームページでご確認ください。

ワンワールド

スターアライアンスに次いで、1998年に設立されたアライアンスです。
日本航空(JAL)も加盟しています。
スターアライアンスに比べると、所属する航空会社は少ないですがスターアライアンスが弱いとされている、オーストラリアや、イギリスのブリティッシュ・エアウェイズが加盟しています。

所属航空会社

【出典】ワンワールドホームページ

アジア:日本航空、キャセイパシフィック、マレーシア航空、スリランカ航空

北米・南米:アメリカン航空、LATAMエアライングループ

ヨーロッパ:ブリティッシュエアウェイズ、フィンランド航空、イベリア航空、S7航空

オセアニア:カンタス航空

中東:カタール航空、ロイヤルヨルダン

JALでマイルを貯める場合、このワンワールドに加盟している航空会社以外にも、中東のエミレール航空など、マイレージ提携をしている航空会社もあります。
詳しくは、こちらのJALのホームページでご確認ください。

スカイチーム

2000年に発足したアライアンスです。日系の航空会社が加盟していないので馴染みが少ないかもしれませんが、ハワイやグアム、アメリカに強く、東アジアの航空会社も数多く加盟しているのが特徴です。

所属航空会社

【出典】スカイチームホームページ

北米・南米:デルタ航空、アエロメヒコ航空、アルゼンチン航空

アジア:大韓航空、ガルーダインドネシア航空、ベトナム航空、チャイナエアライン、中国東方航空、廈門航空

ヨーロッパ:エールフランス、アリタリア航空、KLMオランダ航空、アエロフロートロシア航空、エアヨーロッパ、チェコ航空:、タロム航空

アフリカ:サウディア、ミドルイースト航空、ケニア航空

アメリカのデルタ航空でハワイに行ったことがあるという人もいるかもしれませんね。
また、中国東方航空、チャイナエアライン、ベトナム航空など、アジア路線に強いので、出張が多いビジネスマンの人はよく利用するという航空会社が加盟しているかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
「アライアンス」という言葉はよく聞きますが、なぜアライアンスが存在しているのか、メリットは何かということが理解できたのではないでしょうか。
冒頭にも紹介した通り、アライアンスが同じであれば、同じマイレージプログラムでマイルを貯められる可能性があります。

世界各国の大手の航空会社は、今回紹介した世界三大アライアンスに属していることが多いので、どのマイレージを貯めるか決める前には必ずアライアンスを確認しておきましょう。

関連記事

  • ANAマイルを貯める方法ご紹介!ANAマイルの貯め方<基本編>

  • メトロポイントをマイルに!お得な交換方法のカギは「ソラチカカード」

  • 飛行機マイルの賢い貯め方!JAL・ANA両方貯めたい人にオススメの裏技

  • どの航空会社でマイル貯める?アライアンス別おすすめマイレージプログラム

  • Gポイントをマイルに!使わないあのポイントもマイルに交換する方法

  • ANAのマイルを使う方法をご紹介!ANAマイルの使い道<基本編>