1. TOP
  2. マイル基礎知識
  3. 飛行機マイルの計算方法!特典航空券に必要なマイル数はこうすれば分かる!

飛行機マイルの計算方法!特典航空券に必要なマイル数はこうすれば分かる!

 2019/04/02 マイル基礎知識
 

飛行機マイルを貯めて、ハワイに行きたい!そんなことを思いながらこつこつマイルを貯めている人も多いのではないでしょうか(かくいう筆者も飛行機で北海道旅行!を目標にマイルを貯めているところです)。
ところで、目標は立ててみたものの、ハワイ行きの航空券と交換するには一体何マイル必要なのでしょうか?この間飛行機に乗ったけど、何マイルもらえるのでしょう?そもそもマイルを貯めたら、どこ行きの航空券と交換してもらえるのでしょうか? みなさん、答えられますか?
そこで今回は、意外と見落としがちな「マイルの計算方法」についてご説明します。マイレージプログラムを始めたばかりの人も、目標達成までの計画を立てたい人も、マイルの基本、きちんと押さえておきましょう!

”貯まる”マイルと”使う”マイル

マイルの計算方法の前に、飛行機マイルには2種類あることを知っておきましょう。
マイルには「貯まるマイル」「使うマイル」の2種類があります。
「貯まるマイル」とは、飛行機を利用したり、お買い物で貯まるマイルのことです。飛行機に乗ってもらえるマイルは、航空会社によって名称は違いますが、“区間基本マイレージ”や“フライトマイル”などと呼ばれます。
「使うマイル」とは、貯めたマイルを使って飛行機を利用する場合に必要なマイルのことです。“特典交換必要マイル”などと呼ばれ、特典航空券の行き先によって必要なマイル数が変わってきます。
ここから先は、この“貯まるマイル”・“使うマイル”、それぞれの計算方法を、ANAマイレージクラブを例に説明します。なお、後ほどJALの場合(JALマイレージバンク)についても簡単にご紹介しますが、基本的な考え方・計算方法は同じなので、基本の計算方法を押さえておけば大丈夫です。

”貯まる”マイルの計算方法

マイルを貯めるには様々な方法がありますが、ここでは「飛行機を利用したときに貯まるマイル」の計算方法について解説します。

基本は「区間基本マイレージ×積算率」

国内線を利用したときにもらえるマイルの計算式は、
“利用した飛行機の区間基本マイレージ × 運賃種別ごとの積算率”
国際線の場合だと、
“利用した飛行機の区間基本マイレージ × 予約クラスごとの積算率”
これが基本です。
飛行機マイルは、搭乗区間の基本マイレージに、国内線だと利用した飛行機の運賃種別の積算率を、国際線だと利用した予約クラスの積算率を、それぞれかけて算出します。
「区間基本マイレージ」とは、区間ごとに定められたマイル数のことです。毎年秋にIATA(国際航空運送協会)より発行されるTPM(運賃計算に使用する区間距離)を基準に取り決められています。ANAのホームページには、以下のような「マイレージチャート」という、区間基本マイレージ一覧表が掲載されています。

【出典】ANAホームページ マイレージチャート [ANA国内線]

こちらは東京発のマイレージチャートの一部です。この表の「100%(区間基本マイル)」の欄が、区間基本マイレージです。東京から札幌まで飛行機に乗ると、510マイルもらえる(往復なら1,020マイル)ということです。
このマイレージチャートの100%や75%などは何なのか?これが、先ほどの計算式でも出てきた「積算率」です。
「積算率」は、国内線の場合、利用する運賃ごとに設定されており、飛行機の予約方法・搭乗券の種類によって変わってきます。

【出典】ANAホームページ 国内線運賃別積算率

こちらが区間基本マイレージに対する積算率のリスト。積算率ごとに対象の予約方法や搭乗券の種類が記載されています。例えば、JTBなどの旅行代理店などを利用している場合は区間基本マイレージの50%、ANA SUPER VALUE航空券であれば区間基本マイレージの75%を1回のフライトで貯めることができるのです。

国際線の場合、積算率は予約クラスによって変わってきます。

【出典】ANAホームページ 国際線積算率

エコノミークラスのYクラスなら、積算率は100%になりますね。
では、東京から札幌まで往復、ANA SUPER VALUE 21の航空券で飛行機に乗ったとします。何マイルもらえるでしょうか?
東京・札幌間の区間基本マイレージは510マイル、ANA SUPER VALUE 21の積算率は75%なので、
510×0.75×2=765マイル
ゲットできる、というわけです。

+「ボーナスマイル」

さらに!ANAカードなどを持っていると“搭乗ボーナスマイル”がもらえます。通常もらえるマイルに上乗せされる形でマイルが手に入るのです。
ボーナスマイルのマイル数は、カードの種類ごとに違います。一般カードで+10%、ゴールドカードは+25%、プラチナカードだと+50%です。
先ほどの東京・札幌間の往復マイル(ANA SUPER VALUE 21)が765マイルでしたが、ANA一般カードで搭乗券を購入すると+153マイル上乗せされ、合計で918マイル貯まる、ということになります。

”使う”マイルの計算方法

“貯まる”マイルの仕組みが分かったら、今度は“使う”マイル、すなわち「特典航空券と交換するために必要なマイル」の計算方法について、国内線・国際線の場合をそれぞれ見てみましょう。

国内線なら「シーズン・必要マイルチャート」をチェック

特典航空券の行き先は国内!という人がチェックするべき項目は、「シーズン」「必要マイル数」です。
特典航空券と交換するのに必要なマイル数は、シーズンごとで異なります。「L(ローシーズン)」「R(レギュラーシーズン)」「H(ハイシーズン)」の3種類が設定されているので、航空券を利用する日程がどのシーズンになるのか確認します。

【出典】ANAホームページ シーズンチャート

シーズンを確認したら、次は行き先ごとの必要マイルを確認します。

【出典】ANAホームページ 必要マイルチャート[沖縄離島路線除く]

こちらは、必要マイルチャートの一部です。「対象路線」が出発地と到着地、「特典交換必要マイル数(片道:1区間)」がその航空券の片道分に必要なマイル数です(表左端の「片道:1区間の距離」は、“貯まる”マイルの章で紹介した「区間基本マイル」を示しています)。
「特典交換必要マイル数」の欄に、「L」「R」「H」の3つのアルファベットがあります。これが、先ほど確認した「シーズン」です。ハイシーズンほど必要マイル数が多くなっています。
では、2019年5月10日、東京から大阪への片道航空券とマイルを交換する場合、何マイル必要でしょうか?
2019年5月10日は、レギュラーシーズン(R)。東京から大阪の路線でレギュラーシーズンだと、特典交換必要マイル数は6,000マイル。6,000マイルで、東京⇒大阪の特典航空券と交換できる、ということになります。

国際線なら「ゾーン」と「シーズン」をチェック

行き先が外国の場合、国内線でのチェックポイントに加えて、「出発地と目的地のゾーン」「席のランク」を確認する必要があります。
まず初めに「出発地と目的地のゾーン」を確認します。

【出典】ANAホームページ ANA国際線特典航空券ゾーン区分

次に、「搭乗日のシーズン」をチェック。

【出典】ANAホームページ ANA国際線特典航空券シーズンチャート

これらを合わせて、必要マイル数をチェックします。

【出典】ANAホームページ ANA国際線特典航空券必要マイルチャート

国際線の必要マイルチャートを確認するときに注意したいのが、マイルの単位と利用クラス。国際線は、国内線と違って片道での利用ができず、必要マイル数の単位はすべて往復になっています。また、座席のクラスによっても必要マイル数が異なります。表の中の「利用クラス」のアルファベットはそれぞれ「Y=エコノミークラス」「PY=プレミアムエコノミークラス」「C=ビジネスクラス」「F=ファーストクラス」を示しており、クラスがアップするほど必要マイル数が多くなります。

国際線なら「アップグレード」という手もアリ

貯めたマイルでできる、国際線だけの特典に「アップグレード」があります。片道 (1区間) 12,000マイルから利用可能で、「プレミアムエコノミー・エコノミークラス→ビジネスクラス」「ビジネスクラス→ファーストクラス」に変更することができます。
追加料金を払わず、貯めたマイルで1ランク上のフライトを楽しむ、というのも賢い方法ですね。

東京からハワイに行くには何マイル必要?

以上がマイルの計算方法でしたが、一度実際に計算してみましょう!
レギュラーシーズンの東京からハワイへの特典航空券(エコノミー、往復)とマイルを交換するには何マイル必要でしょうか?また、そのマイルを貯めるためにはどれくらい飛行機を利用すればいいでしょうか?
まず、東京からハワイへの特典航空券に必要なマイル数を確認します。出発地と目的地のゾーンは、東京がゾーン1、ハワイがゾーン5。レギュラーシーズンのエコノミークラスだと、特典交換必要マイルは40,000マイルです。
40,000マイル貯めるには、どれくらい飛行機を利用すればいいのか?例えば、東京から最も遠い宮古島まで、ANA FLEXの航空券をゴールドカードで購入したとします。区間基本マイルは1,158マイル、積算率は100%、ボーナスマイルは25%なので、往復で2,895マイル貯まります。ハワイに行くには40,000マイル必要なので、東京・宮古島間を14往復すればハワイまでの特典航空券と交換できるマイルが貯まる、という計算になります。
計算が苦手、めんどくさい!という人は、「ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーションを使ってみてください。条件をいくつか入力するとANAグループ運航便で貯まるマイル数などを計算することができる優れものです。

マイル別行き先一覧

ハワイ以外にも、今手元にあるマイルでどこまで行けるのか、すぐ知りたい!という方のために、マイル別の行き先をまとめてみました。
利用する人が一番多いと予想される、東京発着のレギュラーシーズン、往復の航空券に必要なマイル数の一覧ですので、参考にしてみてくださいね。

◆12,000マイル
秋田、庄内、仙台、新潟、大島、八丈島、富山、小松、能登、名古屋、大阪

◆15,000マイル
国内
こちらに掲載されている国内線空港以外の空港
韓国(エコノミー)

◆18,000マイル
沖縄

◆20,000マイル
石垣、宮古
北京、大連、瀋陽、青島、上海、杭州、広州、厦門、成都、武漢、香港、台北、マニラ(エコノミー)

◆30,000マイル
韓国(ビジネス)

◆35,000マイル
シンガポール、バンコク、ホーチミン、ヤンゴン、ジャカルタ、ムンバイ、デリー、ハノイ、クアラルンプール、プノンペン(エコノミー)

◆40,000マイル
北京、大連、瀋陽、青島、上海、杭州、広州、厦門、成都、武漢、香港、台北、マニラ(ビジネス)、ハワイ(エコノミー)

◆45,000マイル
シドニー(エコノミー)

◆50,000マイル
ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル、サンノゼ、ワシントン、ニューヨーク、シカゴ、ヒューストン、バンクーバー(エコノミー)

◆55,000マイル
ロンドン、パリ、フランクフルト、ミュンヘン、デュッセルドルフ、ブリュッセル(エコノミー)

◆60,000マイル
シンガポール、バンコク、ホーチミン、ヤンゴン、ジャカルタ、ムンバイ、デリー、ハノイ、クアラルンプール、プノンペン(ビジネス)

◆65,000マイル
ハワイ(ビジネス)

◆75,000マイル
シドニー(ビジネス)

◆85,000マイル
ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル、サンノゼ、ワシントン、ニューヨーク、シカゴ、ヒューストン、バンクーバー(ビジネス)

◆90,000マイル
ロンドン、パリ、フランクフルト、ミュンヘン、デュッセルドルフ、ブリュッセル(ビジネス)

◆105,000マイル
シンガポール、バンコク、ホーチミン、ヤンゴン、ジャカルタ、ムンバイ、デリー、ハノイ、クアラルンプール、プノンペン(ファースト)

◆150,000マイル
ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル、サンノゼ、ワシントン、ニューヨーク、シカゴ、ヒューストン、バンクーバー(ファースト)

◆165,000マイル
ロンドン、パリ、フランクフルト、ミュンヘン、デュッセルドルフ、ブリュッセル(ファースト)

JALの場合のマイル計算

これまで、ANAマイレージクラブを例にして、マイルの計算方法について解説してきましたが、JALマイレージバンクについてちょっぴり説明します。
基本的な計算システムは同じです。ANAとの違いは、特典航空券と交換するのに必要なマイルにいくつか種類がある、ということです。JALには、通常の「特典交換に必要なマイル」以外に、「ディスカウントマイル」「JALカード割引」というカテゴリーが存在します。どちらもJALの公式ホームページ限定の特典で、通常マイルよりも少しお得に特典航空券と交換できるようになっています。

まとめ

飛行機マイルの計算方法は、「“使うマイル”=区間基本マイレージ×積算率」「“使うマイル”=国内線:シーズン・必要マイルチャート、国際線:ゾーン・シーズン」が基本です。この基本さえ押さえておけば、ANAやJALのホームページを見ても混乱することはありません。
飛行機マイル、せっかく貯めるのなら、必要マイルを計算しながら計画的に挑戦してみてくださいね。

関連記事

  • どの航空会社でマイル貯める?アライアンス別おすすめマイレージプログラム

  • JALマイルをポイントに交換!お得な『eJALポイント』をマスター!

  • ANAとJALのマイル比較!おすすめなのはどちらのマイルか解説!

  • JALマイルで交換できる提携ポイントまとめ!飛行機に乗らない人にも◎

  • LINEポイントをマイルに交換!「LINEルート」基本情報をチェック!

  • Gポイントをマイルに!使わないあのポイントもマイルに交換する方法